創立記念礼拝に参加しました

創立記念礼拝に参加しました

11月26日は、創立記念日です。英和学院大学は2002年に設立しましたが、その起源は1887年、カナダ・プリンスエドワード島からカニンガム・M・J を初代校長に迎えて「静岡女学校」として開校したことに始まります。

この日、同窓生として礼拝に参加する機会をいただきました。127年の歴史に思いを馳せながら学生の皆さんと一緒に歌った賛美歌312番はとてもここちよく感じられ、日々の喧騒からしばし離れて自分と向き合う良き時間を頂くことができました。

礼拝は伊勢田先生のお祈りに始まり、武藤学長の「歴史に恥じないよう勉学に励みなさい」という式辞、そして大森めぐみ教会の関川泰寛牧師によるお説教は、朝ドラで人気を博した村岡花子の生涯に触れながら「人生の最大の冒険は人を愛することである」とお話されました。

愛の実践を伴う信仰こそ大切です 「ガラテヤの信徒への手紙」五章六節

良きサマリア人の例えや、アウシュビッツの聖者であるマキシミリアノ・マリア・コルベ神父のお話をされ、自分にとって最良な道を外れても一歩踏み出して人を助けることが人を愛する事ですと、聖書の読み解きをされました。

やはり母校はいつ訪れても良いものです。心を養う環境を与えられた10代、20代の頃を思うと恩師や両親に対する感謝の気持ちでいっぱいになりました。

写真 1